シミトリーには日焼け止めにも
効果的という話もあります。

直接紫外線を防ぐというより
ダメージを軽減するといった
ニュアンスだと思われます。

以前、定期便を注文すると
別ブランドの日焼け止めが
セットされていましたが、
現在は他のものに変わっています。

明確な理由は不明ですが
シミトリーだけで十分なのでは?
とメーカーが判断したのかもしれません。

・シミトリーに日焼け止め効果が?

シミトリーを使う目的は
シミの予防がメインですよね。

シミを消すのではなく
予防するというのがミソ。

有効成分のアルブチンは
ハイドロキノンを誘導体の
形にしたものです。

浸透しやすいですが
効果が緩やかということで
化粧品向けの成分といえます。

オールインワンということで
他にもいろいろ効能はありますが
ざっくりいうと保湿ケアが中心。

日焼け止めの効能はありません。

もしそれがあるのなら
必ずSPFやPFなどの
紫外線をガードする強さの指標が
表記されているはずです。

ちなみに以前、
定期便でシミトリーを購入すると
フラビアという日焼け止めクリームが
おまけでついてきたことがあります。

現在はフェイスマスクになってます。

フラビアの商品ページを見ると
SPF50などの表記が見えます。

紫外線対策商品では
最もアピールするべき
ポイントのひとつなので
かなり目立つように書かれています。

シミトリーの場合は
アルブチンやナノカプセルがメインであり
日焼け止めの効果は望めません。

でも全く意味がないともいえません。

シミを予防するということは
その日のダメージを軽減して
表面化するのを防げるかもしれないと
考えることもできるからです。

どれだけ効果が強いかはさておき、
一応つけていないよりは
マシかもしれない程度に
思っておけばいいと思います。

・日焼け止めクリームは肌に悪い

ちなみに日焼け止めクリームの
フラビアですが、
残念ながら化粧品としての
質はよくないです。

界面活性剤など
肌に悪い成分がいろいろなので
果たして付ける意味はあるのか、
と言われても仕方ないと思います。

それならシンプルに
シミトリーだけで良いのでは?
と思ったのかどうかわかりませんが、
おまけを変更した可能性もあります。

フラビアに限らず、
日焼け止めクリームというものは
肌に悪いものですので、
あまりおすすめできないものです。

少なくともシミトリーのように
界面活性剤を使っていない(とされる)
マシなものを追求しないと…

将来的に肌がどうなるかと
中長期的に考えてほしいと思います。