シミトリーはなんだかんだいって
評価されているといえます。

評価とは物事の価値を
見定めることなので
人それぞれ細かい見解は違います。

違いますが、全体的には
良くも悪くも受け入れられてるので
評価されてるといえそうです。

・シミトリーはどう評価されてる?

シミトリーの口コミやレビューを見ると
概ねポジティブな意見が
台頭しているように見えます。

もちろんシミが消えないとか
保湿力が足りないとか
不満を訴える人もいます。

値段はそんなに高くないので
文句を言う人は少ないという
イメージがあります。

オールインワン系の化粧品は
高い傾向にあるので、
3000円台は安いほうですね。

そういうことも含めて、
シミトリーは徐々に評判を上げ、
今後しばらく注目されていくでしょう。

よって今のところは良い意味で
評価されているといえます。

その傾向が強いという感じですね。

売り方がうまいというよりも
シミ対策化粧品そのものが
世間に受け入れられてるから、
という時代だと思われます。

・評価は時代が決める

ただ気をつけてほしいのは、
いい評価をされてるからといって
必ずしも役に立つわけではありません。

人によってはさっぱり役立たないことも
十分考えられるからです。

シミトリーと言っておきながら
シミを取るといえるほど
強い効果はないので、

すでにできた濃いシミを消すには
役立ちません。

それは少し調べればわかることですが
もしシミを消す効果があるものなら
化粧品の域を超えています。

明らかに医薬品レベルであり
医療行為になってしまいます。

ふつうに考えるとそんなものなの?
というようなものなのですが
評価は高くなってるわけです。

その理由はいろいろありますが
やっぱり消費者の気持ちに
集約されていくと思います。

少しでも薄くしたいとか
防ぎたいとかあわよくば消えればいい、
楽したいなどの気持ちが
世の中を形作っていきます。

そういう需要があるから
シミトリーも存在できるのであり、
売れ続けるのです。

全く受け入れられないものは
そもそも売れない以前に
この世に誕生しませんので、

シミトリーが存在してる時点で
すでに評価されてるとも言えますね。

カネボウの白斑事件くらい
極端なことがない限り、
今後も評価され続けるでしょう。

たとえそんなに意味がないと思っても
そう思わない人もたくさんいます。

つまり深く考えることなく
これは良さそうだと思って
買う人もたくさんいるってことです。

商品の良さ云々の前に
自分にとって必要かを
ちゃんと考えずに買う人もいます。

そういう意味も含めて
ある意味ではしばらく安泰ですね。

評価は時代に左右されるものです。