シミトリーは医薬部外品として
売り出されている化粧品のひとつです。

ちょっとややこしいですが、
分類的には通常の化粧品よりは
効果が上だと言われるものです。

上といっても成分の配合具合や
技術によって変わってくるので
一概にはいえません。

少なくとも医薬品ではないですし
特に珍しいものでもない、
ということはいえるでしょう。

・医薬部外品とはなにか

まず医薬部外品とは何かと言うと
薬機法の分類のひとつです。

医薬品と化粧品の間に位置するもので
人体に対して何らかの改善効果を
緩やかにもたらすもので、
医療機器ではないものを指します。

どの商品が医薬部外品かどうかは
個々の商品の説明に書いてあるか、

商品名に薬用とついてるか、

全成分表示にて有効成分と
その他の成分で分けられてるものなどで
判断することができます。

商品ごとに医薬部外品であるものと
そうでないものがあるのは、
細かい事情はわかりませんが
基本的には個々のメーカーが
申請しているかしていないかの
違いかと思われます。

シミトリーの場合は
アルブチン(ハイドロキノン誘導体)が
含まれているので医薬部外品だと言えますが

それを含んでいるからといって
必ずしも医薬部外品とはいえません。

国に申請して許可されれば
医薬部外品として売ることができるという
手続き上の問題です。

一定の効果が認められた成分を
入れてるか入れてないかが重要であり、
すでにお墨付きの成分を入れてたら
承認のハードルは高くないと思われます。

・あまり期待するものではない

ということで、
医薬部外品か化粧品かどうかは
役所に申請しているか
そうでないかの違いとも言えるので
実際は大した違いはありません。

ほとんど化粧品と似たようなもので
医薬品レベルのものは存在しません。

ハイドロキノンにおいては
配合量が2%までと
厳しく規制されているため、
医薬品とは全然違うものになります。

一応効果が期待できるだろうとは
言われてはいるものの、
効果の内訳のほとんどは予防です。

改善させるとは堂々と言えませんし、
医薬品だとしても実際に体の異常を
治すのはあなたの体自身です。

効果があるといえる状況は
肌表面のくすみ程度の色素沈着を
薄く出来るかもしれない、
というくらいに思っておきましょう。

そうでないと期待はずれと感じて
損した気分に陥ってしまいます。

何年も居座るしつこいシミなどは
化粧品程度のもので
なんとかなるものではありません。

基本的なことを理解したうえで
買うか買わないかを
判断することをおすすめします。