シミトリーで肝斑は消せるのかというと
残念ながら消せない可能性大です。

全くもって無意味とは言いにくいですが
少なくとも跡形もなく
消し去ることは困難でしょう。

化粧品にはそんな力はないですし、
肝斑の原因も皮膚だけに
問題があるわけではないからです。

・肝斑の基礎

まず肝斑とは何かについて
整理していきましょう。

肝斑は頬骨や目尻の下あたりに
左右対称にできるのが特徴です。

これは思春期にできるソバカスや
老年期にできる老人性色素斑とは
違ったものです。

主に30~40代にできるシミで
50代後半あたりまで残り、
それ以降は消えることが多いです。

60代以降で発生することは
逆に少ないという
変わった特徴が見られます。

なぜ肝斑が生じるのかは
まだ完全に解明されてないようですが
少なくとも女性ホルモンが
大きく関与しているとのこと。

妊娠や経口避妊薬がきっかけで
発生することが知られているので、
女性ホルモンの増減が
関係しているのかもしれません。

年齢を重ねると徐々に消えていくことから
女性ホルモンが増えることのほうが
関連が高いと推測できます。

要は体の内部の問題が
ほぼ全てといえる症状ですね。

単なる肌荒れとかなら
刺激が強い化粧品などの
外的要因も考えられますが、
肝斑の場合は違いますね。

・肝斑の治療法

肝斑の治療で有効だと言われてるのは
レーザーやケミカルピーリング、
トラネキサム酸の摂取などです。

レーザーは美容皮膚科でも
よく使われているものですが、
下手すると悪化する可能性があることから、

肝斑の場合はトラネキサム酸の
摂取が最も効果的と言われています。

もちろん治療する前は
病院でどんな生活習慣を送っているか、
ホルモンバランスはどうかなどを
しっかり確認してからになります。

適当に効果的だからといって
これを処方して終わりではないのです。

ということでシミトリーでは
役不足というのがなんとなくでも
わかってきたのではないでしょうか。

シミトリーにもいろいろシミに良さそうな
成分は含まれてはいるようですが
あくまで化粧品という範疇のもので、

いまあるシミを取り除くような
強力な効果は望めません。

それができるのなら
化粧品の域を完全に超えています。

医薬品は化粧品よりも
有効成分が濃く配合されてますし
浸透性も高いです。

また、トラネキサム酸の摂取により
外用剤では届きにくい
深部にまでアプローチできます。

肝斑対策はそこまでやるのが
スタンダードだと思いますので、
シミトリーだけで消すというのは
非現実的だということが
よりわかってきたのではないでしょうか。