シミトリーには保湿効果があるので
乾燥肌を一時的に解消し、
かゆみを抑える効能はあると思います。

ただ、逆効果になることも
考えられなくはないので
気をつけましょう。

どんなに肌にいいと言われる
成分だとしても体がどう
反応するかはわからないからです。

・シミトリーはかゆみに効果的?

シミをはじめ肌トラブルというものは
概ね乾燥肌が関係しているものです。

乾燥肌とはその名の通り、
肌表面を守る皮脂や角質層の水分や
油分が少なくなった状態です。

細胞は乾燥に弱いので
強い刺激として脳に伝わります。

かゆみが生じる可能性が高いので
ついかきたくなるものですが、
それによって肌が傷ついて
増々悪化してしまう恐れもあります。

そこで役立つのが保湿化粧品です。

化粧品に限定しなくても
ワセリンとかでもいいのですが、
ベタつきなどの使い勝手や、
乾燥以外にも美容効果もあるような
成分が含まれていることなどを考慮すると、

化粧品のほうが利便性は高いと
言えるかもしれません。

シミトリーの場合はその典型で、
オールインワン系ということで
いろいろな効能を有します。

本来はシミ予防が目的ですが
保湿効果もあるので
一石二鳥以上の効果が望めるわけです。

簡単にいうと保湿しつつ
肌の修復を手助けするものです。

かゆみを軽視してはいけませんが
比較的解消しやすいことではあるので
深刻に考える必要もありません。

・逆効果の可能性も考察

もちろん気になることもあります。

シミトリーでは保湿が物足りないという
口コミがけっこうあることです。

おそらくオールインワンということで
保湿ばかりに力を注いていないか、

そもそもシミ向けですので
かゆみに特化した作りではないです。

だからそのような不満が出てくるのも
当然かなと思います。

また、シミトリーそのものが
かゆみの原因にもなりうることを
頭の片隅にでも置いておいてください。

化粧品として世に出す以上、
安全性に配慮しないと販売できないので、
ある程度の安全性は担保されてるでしょう。

しかし、何がどう体に影響するかは
使ってみないとわかりません。

どんな物質もアレルゲンになる
可能性があるので、
有名無名、天然物か科学的かも
関係ありません。

シミトリーは成分を
ナノ化していることもあり
浸透しやすい反面、
拒絶反応のリスクも高いといえます。

ということでオールインワンだからといって
万能だと思わないようにしましょう。

もし保湿が足りなくてかゆみが治まらないなら
一時的に薬を塗ったほうが効果的ですし、

保湿成分をプラスするなら
多少のベタつきは我慢して
ワセリンか軟膏を塗ったほうがいいでしょう。