シミトリーはシミ対策がメインですが
オールインワンということで
毛穴の悩みにもアプローチできると
体験者は語っています。

なぜそうなるのかについて
いろいろ考えていこうと思います。

一番大事なのはその場しのぎだと
認識することです。

・シミトリーはなぜ毛穴にもいいのか

シミトリーの大きな特徴に
オールインワンがあります。

ある意味ではシミ予防よりも
注目すべきことかもしれません。

オールインワンとは
総合的な肌ケアができるというもので
いろいろな効能が備わっています。

通常は複数つけるものですが
オールインワンだと一つでいいので
大変人気があるのもうなずけます。

シミ系の化粧品はシミに特化したものを
最初に塗り込み、その後に
保湿液なりクリームなりを
塗っていくものなので手間がかかります。

シミは予防効果ということで
なかなか実感しにくいことですが
その他の効果は出やすいので、
そういう意味で多機能化粧品の
利便性が高いといえるんですね。

今回注目するのは毛穴です。

毛穴が開くと見た目が単純に
気持ち悪くなるので
肌トラブルの定番のひとつです。

それを隠すために厚化粧をする羽目になり
さらに毛穴に油分が取り込まれて
どんどん悪化することにもなりかねません。

毛穴が開く元凶といえる現象は乾燥です。

肌が乾燥すると外敵の侵入を
ゆるしがちになってしまい、
体は危機感を感じ取ります。

その結果、皮脂を多く分泌して
対処しようとします。

ところが乾燥肌になってるような状態だと
新陳代謝が悪いので余計な皮脂が
うまく排出されないので
毛穴が広がりやすいというわけです。

よって、保湿をすればその悪循環を断ち、
毛穴も目立たなくできるということです。

・肌トラブルは化粧品では治せない

シミトリーは保湿成分も
いろいろ配合されているので、
シミよりも先に毛穴やシワが
目立たなくなることのほうが
実感しやすいでしょう。

でもそれは一時的な対処法に
過ぎないことを覚えておきましょう。

これはシミトリーの保湿力が
強い弱いとは違った領域の話です。

シミトリーだけではなく
化粧品そのものに乾燥肌を
直す力はありません。

一時的にトラブルをカバーするために
塗るものに過ぎません。

要は塗り薬と本質は同じなのです。

それをいくら使ったからといって
肌トラブルを治すことはできないので
注意してほしいところです。

おそらくシワや毛穴への
効果を実感している人は
まだ体が元気な方だからだと思います。

逆に実感しにくい人は
健康的に芳しくない状態だと推測できます。

だからターンオーバーの乱れが
顕著に現れてるのだと思います。