シミトリーには効果的な使い方が
あると言われています。

朝晩塗るとか他の化粧品と
併用するとかという方法ですが、

どれだけ効果に影響があるのか
よくわからないのが実情だと思います。

ましてや他の化粧品と組み合わせたら
何が良いのかますますわかりにくく
なるような気もします。

・効果的と言われるシミトリーの使い方

シミトリーはオールインワン化粧品
ということで1つで9つもの
役目を果たしてくれる代物です。

シミ予防をはじめ、
保湿やらパックやらいろいろです。

それだけ十分事足りると思えるものですが
より効果的な使い方があるようなのです。

基本はさくらんぼよりも
少し大きいくらいの量をとり、
薄く塗り込んでから
手のひらで包んで少し温度を上げて
なじませるといった感じです。

より効果的というか
細かく説明すると次のようになります。

まずはセオリーどおり、
泡で優しく洗顔をします。

洗い流す際はぬるま湯にして
肌への負担を極力減らす。

1回に使う量はさくらんぼ大、
もしくはパール2粒ほどで
すくう際は付属のヘラ(スパチュラ)を
使ったほうが衛生的で良い。

塗り込む際は力を入れず
優しく伸ばす程度で十分。

強くゴシゴシこすっても
浸透力は上がらないばかりか
肌を痛めるだけになります。

塗る前に手のひらで
少し温めていたほうが
いいという人もいます。

朝晩とも同じ量でもいいですが、
夜のほうを気持ち多めにする。

夜だと体内で肌ケアも進むから
というのが根拠だと思われます。

そしてシミトリーは保湿に
特化した化粧品ではないことから
保湿力が足りないという人が
少なくないです。

そこで他の化粧品と組み合わせることを
推奨されることが多いです。

自前の化粧品を使わずに
捨てるのはもったいないという
理由も含んでいると思いますが、

シミトリーはどちらかというと
美容液、もしくはクリームに
位置するものなので、

他と併用する場合は
化粧水を先に使ったほうがいいでしょう。

その後に化粧をする場合は
しっかり乾いてから行うこと。

・効果が高まるかは未知数

ということでいろいろありましたが
上記のように丁寧にやったとしても
必ず効果が強まるとは限りません。

下手すると悪化しかねないので
慎重に行ってください。

併用する場合は特にです。

おそらく併用する人が
ほとんどだと思いますが・・・。

併用するならその化粧品も
本当に肌にいいものなのかを
しっかり確認してほしいと思います。

化粧品なんだから
良いに決まってると思わず、
成分を自分なりにチェックしましょう。

だいぶ悪いものがあるとわかるはずです。