シミトリーは市販されておらず、
今後もされる可能性は低いでしょう。

通販のほうが何かと
企業にとっては都合がいいので
基本的には通販オンリーで終始します。

消費者からすると
両方共あったほうが便利なのですが
そこは仕方がないですね。

・シミトリーはまず市販されないでしょう

まず市販とは何かを
確認しておこうと思います。

市販の直接的な意味とは
市場や商店でものを売ることす。

市販の市は大きな街を表す市ではなく
お店のことを指しています。

化粧品でいうとドラッグストアーを
指す場合が多いです。

最近は薬局以外でもホームセンターや
雑貨屋でも見られるようになり、
中にはふつうのスーパーや
コンビニでも売られるようになってます。

だから人気商品が売ってないかを
ドンキホーテなどで探す若者は
多いかもしれません。

ここで注意してほしいのは
シミトリーは市販されておらず、
今後もされることはないだろう、
ということ。

なぜかというと市販品にすると
いろいろ都合が悪いことが
出てきてしまうと思われるからです。

たとえば商品価格。

店頭に出すということは
その販売店の利益も考慮されるから
必然的に値段が高くなります。

あと販売店との契約やら何やらの
手間暇がかかってしまうことや、

特典がつけにくいことも
考えられますね。

ネット通販だと誰がいつ購入したかを
明確に判断できるため
返金保証などがつけられると思いますが
店頭だと会員でもなんでもない
通りすがりの人でも買えてしまうので、
特典がつけにくくなります。

データも取りにくいでしょうから
大企業でもないかぎり
市販することはないと考えられます。

余談ですが、市販には
一般商品として売るという意味も
込められているそうです。

よって広い意味では
ネット通販限定商品だとしても
市販品といえなくもないですね。

・市販されるかされないかは気にしない

ということでシミトリーは
狭い意味で市販品になることは
考えにくいわけです。

一般消費者の立場としては
ネットでも実店舗でも買えたほうが
便利なのですが、

今は世知辛い世の中なので
仕方ないと思うしかないですね。

たとえ市販されないとしても
特にがっかりする必要はないですが。

あまり通販が台頭しても
運送業者の負担が増えて
さらなる社会問題に発展しそうですが、

本当に問題になってきたら
企業側も通販に頼らない方角へ
舵を切る可能性も出てくるでしょう。

とりあえず言えることは
市販されてなくても
特に気にすることではなく、

市場動向は未来のことなので
誰にもわからないから
ほとんど気にすることではない、
ということでいいでしょう。